>  >  >  > 小柳ルミ子

小柳ルミ子

(コヤナギルミコ)

もはや天晴れとしか言いようのない女の執着心と法外な慰謝料で、全国の既婚男性を震え上がらせたのが記憶に新しいルミ子嬢だが、その芸事に対するプロ魂と日々の努力は宇宙級である。
幼少の頃からバレエ/タップダンス/日本舞踊などに邁進し、宝塚音楽学校に入学。71年に「私の城下町」でレコード大賞新人賞を獲得するという華々しい歌手デビューを切った。以降も「瀬戸の花嫁」「星の砂」「お久しぶりね」「今さらジロー」といったヒットを放っている。また、デビュー当時こそ清楚なアイドルというイメージが強かった彼女だが、徐々に「大人の女」路線にシフト・チェンジ——映画『白蛇抄』(83年)では、そのグラマラスな肢体と鬼気迫る演技力で、”日本アカデミー賞最優秀主演女優賞”も獲得している。
89年にダンサーの大澄賢也と結婚。自らの舞台でも夫婦ならではの息の合ったダンスを前面に打ち出し、徹底したエンターテインメント・ショーを展開していくが、00年にはついに離婚。以後、ヌード写真集上梓や骨折、ウン千万に相当する宝石盗難……といった話題が先行しているが、新世紀には気分も改めて「歌」でゴージャスな存在感を再アピールしていただくことを願う。——02年6月、シングル「TEN ZILLION〜100億の幸福に包まれて」のリリースを機に、rumicoと改名。

小柳ルミ子の関連ワード
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版