>  >  >  > Rufus Wainwright

Rufus Wainwright

(ルーファス・ウェインライト)

70年代に活躍したシンガー・ソングライター、ケイト・マクギャリルとラウドン・ウェインライト3世の間に儲けられた息子として、またゲイであることのカミングアウトでも注目を集めたルーファス・ウェインライト。98年、その名も『ルーファス・ウェインライト』でデビューを果たす。ランディ・ニューマン/スティーヴン・フォスターなどトラディショナルなポピュラー・ミュージックと、ワグナー/モーツァルトといったクラシック&オペラからの影響を色濃く反映させたサウンドは、華麗でドラマティックな響きをもったものである。その音楽性はポップスとオペラを合わせた造語”ポペラ”、あるいはモダン・スタンダードと呼ばれ、賞賛された。また、繊細かつ力強さをたたえた歌声は、楽曲のイメージを大きく膨らませ、優しさや温もりを感じさせてくれる。——まさに、親の名にひけをとらない正真正銘のサラブレット・ミュージシャンだと言えよう。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版