>  >  >  > Roger Tillison

Roger Tillison

(ロジャー・ティリソン)

本国アメリカでの評価はゼロに等しいが、日本ではなぜか人気の高いシンガー・ソングライター。それもたった1枚のソロ・アルバム『Roger Tillison’s Album』によるところが大きい。
レオン・ラッセル、J.J.ケイル、ジェシ・エド・デイヴィスと同郷のオクラホマ州タルサ出身で、若い頃は全米各地をフォーク・シンガーとして流していたらしい。そして最終的に行き着いたのがレオンやジェシ・エドが活躍していたロサンゼルス。ここでレコーディングのチャンスを得、奥方テリーとのデュオ、ジプシー・トリップスとしてデビューを果たす。レオンが制作した「Rock & Roll Gypsies」というシングルを切るものの、商業的には全くの失敗に終わった(しかし、後にハーツ&フラワーズやジェシ・エドがカヴァー、いわゆる隠れ名曲だ)。再びレコーディングの機会に恵まれるのは71年。ジェシ・エド・デイヴィスをプロデューサーに迎えた『Roger Tillison’s Album』を発表。スタジオ・ライヴ形態で一発録りされたこの作品では、ささくれ立ったような荒々しいティリソンの歌とジェシ・エドの武骨なギターが絶妙に交じり合い、重厚な南部ルーツ・サウンドを体現するという好き者にはたまらない内容。現在ではスワンプ・ロックの定番となっている1枚だ。
その後のティリソンは全く消息を絶っていたが、オクラホマのルーツ・ロック・バンド、トラクターズの『Owner’s Manual』(94年)にギタリストとして参加し、オールド・ファンを喜ばせた。現在は、タルサのローカル・シーンでライヴを中心とした活動を行っている模様である。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版