>  >  >  > ROCK’N’ROLL GYPSIES

ROCK’N’ROLL GYPSIES

(ロックンロール・ジプシーズ)

88年のアルバム『Four Pieces』を最後に解散した後も、多くのファンや若手バンドからリスペクトを集めている伝説のカリスマ・バンド、ルースターズ。
バンド解散後、花田裕之(vo&g)はソロとして活動。95年のソロ5作目となるアルバム『Rock’n’Roll Gypsies』では井上富雄(b)、池畑潤二(dr)、下山淳(g)という新旧ルースターズ・メンバーを迎え、話題となる。01年にメンバーの地元である北九州の小倉で行われた北九州博覧会においてROCK’N’ROLL GYPSIESとしてライヴを敢行。一度限りのセッションの予定だったが、翌年、北九州博覧会でのライヴ音源を収めたアルバム『WHO THE FUCK IS THE ROOSTER?』を発表する。フェスティバル出演やワンマン・ライヴも行い、ROCK’N’ROLL GYPSIES名義での活動を活発化させる中、03年、遂にオリジナル・アルバム『I(ファースト)』が完成。ブルージーかつ男気溢れるサウンドで健在ぶりを十二分にアピールするとともに、ルースターズの中心人物であった大江慎也が歌詞を提供し、往年のファンのみならず若いリスナーからも熱い支持を受けている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版