>  >  >  > 夏川りみ

夏川りみ

(ナツカワリミ)

99年にマキシ・シングル「夕映えにゆれて」でデビューを飾った女性シンガー、夏川りみ。最近では沖縄出身のアーティストも珍しくないが、彼女は本島ではなく石垣島の出身だ。
デビュー当初は70年代歌謡風の楽曲が多かったが、01年にリリースされた「涙(ナダ)そうそう」は同郷のBEGINが作曲を担当し、沖縄民謡調のナンバーに。“血”がそうさせるのか、夏川はこれを伸びやかに澄んだ声で見事に歌いこなすだけでなく、沖縄の心までも表現した。02年9月には初のフル・アルバム『てぃだ〜太陽・風ぬ想い』を発表。同年末の紅白歌合戦に初出場を果たし、日本レコード大賞金賞も受賞した。
以後、「童神〜ヤマトグチ〜」「愛よ愛よ」「ココロツタエ」などのヒット・ナンバーを放ち、05年10月には、オーロラ基金主催のベネフィット・コンサートで初の海外公演を実現。4年連続紅白歌合戦出場を果たすとともに、4年連続レコード大賞金賞を受賞している。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版