>  >  >  > ともさかりえ

ともさかりえ

(トモサカリエ)

若手人気女優ともさかりえ。スレンダーな肢体と、つぶらな瞳が魅力のナチュラル・ウーマンだ。そして歌手としても、もの凄く素晴らしい作品を世に残している。
96年、ニュー・ソウル・テイストがさらりと香る名曲「エスカレーション」でデビュー。洗練されたバック・トラックと彼女の透明感ある歌声は、見事なコンビネーションを誇っていた。その後も女優業と平行し、コンスタントに良質楽曲をリリース、着実に支持層を拡大していく。ただし、この時点における、シンガーともさかりえはハイ・センスな小泉今日子的タレント・ポップスの範疇にいた。
転機となったのは99年の「カプチーノ」である。ともさかの友人であり、当時まだ駆け出し中のシンガー・ソングライターであった椎名林檎の全面協力を得て制作された、この7枚目のシングルはそれまでとはまったく異なる魅力を宿していた。すなわち、彼女の“気”および“アイデンティティ”が初めて作品に反映されたのだ。林檎お得意の流れるような美メロ/赤裸々な詞世界は、明らかにリアルなともさか像を浮かび上がらせるのに成功していた。そして翌00年には、これまた林檎とのコラボレーションによるシングル「少女ロボット」を発表。嬉しいことにスマッシュ・ヒットを記録する。——アーティストともさかりえを、もっともっと堪能したい。

ともさかりえの記事
HKT48指原莉乃、モー娘。への憧れを語る「6年ぶりの『Mステ』出演は録画してずっと見てます」
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版