>  >  >  > Richard Hell

Richard Hell

(リチャード・ヘル)

70’sニューヨーク・アンダーグラウンド・シーンで開花したパンク・ムーヴメントの代表格として、トム・ヴァーラインとともにネオンボーイズ、そしてテレヴィジョンを結成。その後、元ニューヨーク・ドールズのジョニー・サンダース、ジェリー・ノーランとハートブレイカーズを結成。いずれのバンドでも自分の目指す音楽を実現させることの出来なかった彼は、76年にリチャード・ヘル&ザ・ヴォイドイズを結成し、パンク・スピリッツを語る上で重要な「ティーンエイジャーの抱える空虚感や苛立ち、やり場の無さ」をラジカルなファッション&スタイル/喉を切り裂いたようなヴォーカル&歌詞/痙攣したかのようなエキセントリックなギター・サウンドで表現した。
二十数年を経て未だパンク・アンセムとして名高い1stアルバム『ブランク・ジェネレーション』には70年代という時代背景、そして前衛/アート/ビートニクなど、カウンターカルチャーが発達したニューヨークという土壌だからこそ産み落とされた音がパッケージされている。この流れは60年代のヴェルヴェット・アンダーグラウンドから現在のソニック・ユースにまで繋がっているといえるだろう。
現在リチャード・ヘルは表現形態を変え詩人/小説家として活動中。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版