>  >  >  > Richard “Groove” Holmes

Richard “Groove” Holmes

(リチャード・グルーヴ・ホームズ)

リチャード・グルーヴ・ホルムズは、例えばジミー・スミスやジミー・マクグリフといった、ソウル色の濃いバップ・ミュージシャンと共に、60〜70年代においてダンスホールやクラブでジャズの炎を絶やさないように活動してきたオルガン奏者だ。
 そして彼はビッグ・バンドであろうが小編成のグループであろうが、ジャズはとことん楽しむための音楽である——ということを身をもって証明し、単に理論家たちの知識欲を刺激する道具ではないことも十分知り得ていた。ホルムズの耳馴染みのいい、滑らかにスウィングするサウンドには、彼の地元のフィリー・ソウルの要素が多分に含まれ、そこから派生して繊細な名バラードも次々と生み出された。65年には「ミスティ」で、大きなヒットも記録している。
 ただ非常に残念なのは、ちょうどイギリスでアシッド・ジャズ・ブームが起こり、多くのミュージシャンたちが彼のグルーヴィ・サウンドを再評価し始めていた矢先——91年にこの世を去ってしまったことである。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版