>  >  >  > Richard Buckner

Richard Buckner

(リチャード・バックナー)

いまアメリカでもっとも過小評価なソングライター、それがリチャード・バックナーである。カントリーやブルースを基調とした和やかなアコースティック・サウンドにのせて、世知辛い人生を覆う不幸と、ほんの少しの幸運についてを、せつせつと語りかけるかのように歌う。その詞世界は、高い文学性のなかにも、ウィットにあふれたユーモア、皮肉などが盛り込まれた興味深い内容となっている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版