>  >  >  > Revenus

Revenus

(レヴィナス)

世古あき子(vo)、菅原サトル(g)、近藤順子(dr)による3人組で始動したレヴィナス。シングル「千の瞳」がドラマ『2001年のおとこ運』(主人公・あたるのテーマ)に起用され、以来、注目度を沸々と上昇させているユニットだ。
ラルク・アン・シエル、高野寛、TRF、Tinaなどの作品に参加してきた菅原が世古と出会い、その後、近藤が加入。00年に1stシングル「Happy Driving」をインディーズにてリリース後、<EXTASY JAPAN>よりYOSHIKI(元X Japan)プロデュースのもと「千の瞳」(01年)でメジャー・デビューを果たす。世古の爽快かつ聴き心地のよい歌声と、YOSHIKIの真骨頂である流麗なストリングス&ピアノが、壮大な地平を想起させ秀逸。胸にグッと来るメロディだったり、どこかノスタルジックな雰囲気をもっていたりと、いい意味でポップスの定石を全うしている。
01年末、菅原がメンバーから退き、プロデューサーに専念。同時に堤美紗(g)、矢島悦子(b)が加入した。02年には新生レヴィナスとしてシングル「アカシア」(ドラマ『春ランマン』の主題歌)をドロップ。続いて、待望の1stアルバム『glory days』を世に送り出す。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版