>  >  >  > REMY MA

REMY MA

(レミー・マー)

04年のヒップホップ・アンセム「Lean Back」、M.O.Pの特大ヒット曲「Ante Up」のリミックス等々でその名を轟かせてきた、ファット・ジョー率いる<テラー・スクワッド>の紅一点、レミー・マー。ラッパーとして男社会を勝ち抜くスキルとしたたかさを備えた、タフでセクシーなフィメールMCである。
81年、NYはブロンクスのゲットーに生まれ、13歳の頃からひとりで生きてきた彼女には、今年7歳になる息子(G-unitが大好きらしい)がいる。一人の女として、母として、ゲットー・ガールとして、常に等身大の自分を本音でライムする彼女に女性ファンが多いというのも納得のいくところだ。
06年リリースの1stアルバム『レミーに首ったけ(原題:There’s Something About Remy)』には、デビューのきっかけをつくった彼女の恩人である亡きビッグ・パンとゲットーな恋を歌った「Thug Love」、大親友キーシャ・コールをフィーチャーし、妊娠中絶の苦悩と葛藤を綴った「What’s Going On」、そしてスコット・ストーチ手掛けるオリエンタルなトラックにのせ、女性に対し“自分のいいところは自慢してもいいのよ”と語りかける「Conceited」などを収録。ちなみにアルバム・タイトル/ジャケット写真は、キャメロン・ディアス主演の大ヒット・コメディ映画『メリーに首ったけ』のパロディーとなっている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版