>  >  >  > Redman

Redman

(レッドマン)

リスナーの頬を緩ませるほど、コミカルで弾けたキャラクターを持つレッドマン。91年に客演したEPMDの「ハードコア」では、ズバ抜けてファンキーなフロウを見せリスナーに強烈なインパクトを残した。その翌年に放ったデビュー・アルバム『ホワット? ジ・アルバム』は、まさに衝撃の一言。そこでは、鼻の詰まったような声から繰り出されるヤンチャ坊主のごときはっちゃけたラップと、ジェットコースター並みにアップ・ダウンの激しい熱のこもったフロウが披露されたのだ。さらに、重たいブリブリの特濃ファンク&レゲエ・サウンドに合いの手やガヤガヤした雑音を多重録音することで、信じられないほどの臨場感が生み出されている。——これらの重厚にしてエンターテインメント性に溢れた楽曲群は、一瞬にして聴き手を熱狂の渦のなかに巻き込んだ。
さらに、エリック・サーモン、キース・マレイと組んでいたデフ・スクワッド名義でも2枚のアルバムをリリース。また、メソッド・マン(ウータン・クラン)と手を組みシングル「ハウ・ハイ」(95年)とアルバム『ブラック・アウト』(99年)をリリース、大ヒットさせている。特にメソッド・マンとのタッグにおいて、ふたつの爆裂な才能はけしてぶつかり合わず、抜群のコンビネーションを見せた。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版