>  >  >  > RED WARRIORS

RED WARRIORS

(レッド・ウォーリアーズ)

85年にレベッカを脱退した木暮武彦(g)が中心になって結成。最初はレベッカ♂(オス)と名乗り、次にレッド・ウォーリアーズ、直訳すれば”赤い戦士”と名乗ったことからも、脱退云々に絡んで彼が結構ムカっ腹を立てており、それ故にこのバンドが尋常ならぬエネルギーをためていたことが容易に想像できる。わかりやすい。
そんな彼らが作り上げたのは、日本の4畳半フォークに見られるしみったれた裸電球ワールドの対極に位置するような、バブリーでゴージャスなバッド・ボーイズ・ロックンロール。バカでかい外車を転がし、お姉ちゃんをはべらせ、果てはバラをちりばめた浴槽でドンペリ抜きそうな勢いの、まさに”SEX DRUG ROCK’NROLLl”な世界観。それは日本人であるが故に、6畳一間のアパートにシャンデリアをつけるようなバカバカしさや笑っちゃうような根拠のなさを醸し出していたが。その無茶を力技でやってのける強引さや、そこにある向こう見ずなエネルギーが、華やかなエンターテインメント性を擁したステージングと共に、ファンをロックな幻想へとトリップさせてくれてもいた。
また、これで売れなければシャレにならなかったところだが。デビューと共にライヴハウスからスタジアムまで猛スピードでサクセス・ストーリーを築き、上り詰めた場所で突如解散。その理由が木暮のアメリカン・ドリームだったというから、最後まで”らしさ”を貫いたバンドだったと言える。
その後、96年に一度、そして99年には再度本格的に再結成されている。

RED WARRIORSの記事
HKT48指原莉乃、モー娘。への憧れを語る「6年ぶりの『Mステ』出演は録画してずっと見てます」
HKT48指原莉乃、モー娘。への憧れを語る「6年ぶりの『Mステ』出演は録画してずっと見てます」
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版