>  >  >  > YOUNG PUNCH

YOUNG PUNCH

(ヤング・パンチ)

96年、ヴォーカルのフクイタカフミ(vo&g)を中心に結成され、ポットショットのヴォーカルRYOJIと共に設立した<TV-FREAK RECORDS>からミニ・アルバム『NATURAL POP…LIFE!』を発表。また、98年には待望の1stフル・アルバム『WHERE IS THE OTHER SHOE?』をリリースする。そのきらびやかで、ほんのりオケツが青そうな思春期ノリのメロディに、メロコア・キッズ&ガールズは目頭をアツくしたものだ。その後<Libra Records>に移籍し、「YOUNG WORLD」、続いて初の日本語詞による「DAYS」を完成させ、新たなる一面を披露。イースタンユースのような「わびさび」とはまた違った魅力の、ノリをそこなわない詞は、聴く側にスムースに浸透してくる。そして、2ndアルバム『THURSDAY』は、本人たちいわくクラッシュの『サンディニスタ!』を目指したというだけあって、ダブの要素やホーン・セクションを導入。また、元ソウル・フラワー・ユニオンの内海洋子のヴォーカルもフィーチャーしている。
01年6月には通算3枚目、メジャーでは初となるアルバム『DISCONISTA』をリリースし、パワフルなバンド・サウンドを展開。そして、02年、スーパーカーなどを手掛けるカナイ・ヒロアキ氏をプロデューサーに迎え制作し、エレクトロニカに急接近した意欲作『トラックス』を発表する。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版