> DAF

DAF

(ダフ)

Deutsch Amerikanische Freundschaft(=独米友好同盟)なる、第二次世界大戦後ドイツの政治スローガンに名を由来。78年、ガビ・デルガド/ロバート・ゴール/ウォルフガング・スペルマンス(!!!)/クリスロ・ハアスの4人で活動を開始する。当時、西ドイツで名を馳せたテクノ歌謡レーベル<Ata Tak>よりデビュー。2ndアルバム『Die Kleinen Und Die Bosen』からは、イギリスの<Mute>レーベルと契約し、さらにジャーマン・ニューウェイヴ界の巨匠コニー・プランクがエンジニアとして招請された。そして、81年にガビとロバートの2人組となり、活動拠点をデュッセルドルフからロンドンへと移す。
DAFの凄さは何と言っても、ドイツの電子音楽理論でガレージ・パンクを昇華した革命的スタイルだ。ロバートが叩く生ドラムのハンマー・ビートと乱反射するシンセに、ガビのウィスパー・ヴォイス+雄叫びをネットリと絡みつかせ、エロティシズムに熱い想いを込めたズルムケまるだし狂想曲を噴出。肉体への執着のみならず、「Der Mussolini」(ダー・ムッソリーニ)、「Kebabtraume」(ケバブトラウマ)からは、ネオ・ナチに対する皮肉めいた政治思想も垣間見られた。——82年解散、85年再結成。しかし、その時にはすっかり気の抜けた消化不良気味のポップなサウンドが虚しく響いた。だが、90年代はそれぞれのソロ活動へと移行し、再び成功を収めたのである。
体液まみれの鍛え抜かれた筋肉が生み出す躍動感。人力だからこそ体現し得た艶やかなエロス。オイラの頭のなかは男の裸体でギッシリだぜぇ。どっちが男役? せぇ〜のっ、ジャンケン・ポン! いらっしゃいまセェ〜ックス!!

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版