>  >  >  > A Lighter Shade of Brown

A Lighter Shade of Brown

(ア・ライター・シェイド・オブ・ブラウン)

90年にアルバム『ブラウン&プラウド』でデビューしたチカーノ・ラップ・デュオ=ア・ライター・シェイド・オブ・ブラウン(ブラウンとはラティーノ系の肌の色のこと)。彼ら最大のヒット曲にして代表曲といえば、ワールド・フェイマス・スプリーム・ティームのカヴァー曲「ヘイ・D.J.」(94年『レイイン・イン・ザ・カット』収録)である。ピアノの快楽的な音色が耳に残るフロア・フレンドリーのトラックをバックに、弾むようなラッピンが披露されている。その他にもスムースなGファンク風味の佳曲を数多くリリースしているので、是非聴いて欲しい。99年に発表したベスト・アルバムがそんな彼らの軌跡辿るには持ってこいのはずだ。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版