>  >  >  > Art Tatum

Art Tatum

(アート・テイタム)

アート・テイタムは天才だった。ピアノを操る彼の指先からほとばしる機関銃のようなフレーズは、今でも聴き手を圧倒する。
時代を何十年も先取りしていた彼は、それまでに誰も聴いたことのないような和声を駆使した即興演奏を披露し、同僚のミュージシャンたちを呆然とさせるのと同時に、聴衆を心底楽しませることができた。また法的に視力障害者として認定されていた彼は、トリオ編成でも十分その実力を発揮したが、真価はソロでの演奏にあった。——テイタムの演奏は数多くのピアニストたちに研究され、40年代にはチャーリー・パーカー率いるバップ革命の下地となっていったのだ。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版