>  >  >  > Sergei Prokofievの情報

Sergei Prokofievの情報

(セルゲイ・プロコフィエフ)

素晴らしいピアニストであり、交響曲、協奏曲、バレエ、歌劇、映画音楽をはじめとする様々な分野で作品を残してきた作曲家・プロコフィエフは、20年代から40年代にかけてのロシア激動の時代に生き、そして活躍した。駆け出しの頃の作品には実験的な色彩が強いものが多く、極度に半音階を多用する和声を駆使した進歩的な作風は、時として非常に現代的な響きを持っていた。社会主義政権下における現実は、プロコフィエフに平民のシンプルな価値観を反映するようなシンプルなスタイルを追求せざるを得なくした。その労働者像はスターリンが当時のすべての芸術家たちに強要をしていた一般的なイメージだったのだ(これに従おうとしなかった者たちはしばしば「蒸発」してしまい、二度と姿を現すことがなかった)。『ロミオとジュリエット』『ピーターと狼』『アレクサンドル・ネフスキー』などといった作品は、スターリンの指図に従いながらも自身の芸術家としての信念を貫きとおすことが出来るという、プロコフィエフの能力を証明してくれる。彼は自分の作品に、力強く純粋なメロディと、先進的なオーケストレーションと和声を使って、温もりと新鮮な感覚を注入したのだった。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版