>  >  >  > Air Supply

Air Supply

(エア・サプライ)

ぬけるような青空の下、おっぱいがあちらこちらに落ちまくっているヌーディスト・ビーチ——そんなシチュエーションが似合うバンドといったら、エア・サプライだ(……たぶん)。
『エア・サプライ』(76年)でデビューを果たし、『ロスト・イン・ラヴ』(80年)中の同名曲がヒットしたことにより一躍その名を轟かせた、オーストラリア発のAORグループ。とろけるような甘さと程好い清涼感が絶妙なバランスでシェイクされた“ペパーミント・サウンド”、そして“AOR版ビーチ・ボーイズ”とでも呼びたい美しいコーラスで、『ハート・カクテル』(わたせせいぞう)的な世界を体感させてくれた。しかしポップ過多で、アーバンな香りや濃厚なアダルト・ムードが足りなかったためか、コア層には受けが良くなく、80年代後半AORの停滞と共に活動停止。——91年には『ジ・アース・イズ……』でデュオとして復帰、円熟しきったビターなサウンド(バラードがウリなのは、お約束)で活動を続けている。
年を重ねるにつれ“水着着用ビーチ”と化してしまった感は強いが、若かりし日々の彼らが響かせたサウンドは、アノ頃のまぶしい陽射しや開放感と共に、今でもそれぞれの人の胸に焼き付いていることだろう。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版