>  >  >  > ランクヘッド

ランクヘッド

(ランクヘッド)

高校の同級生であった小高芳太朗(vo&g)、山下壮(g)、合田悟(b)、石川龍(dr)が99年に結成した愛媛出身の4人組ロック・バンド。01年に東京・下北沢にあるライヴハウスのオーディションを立て続けに通過したことがきっかけで、活動の拠点を下北沢に定める。

03年、インディーズで1stミニ・アルバム『影と煙草と僕と青』、1stシングル「千川通りは夕風だった」をリリース。これが外資系レコード店などで爆発的ヒットを記録し、04年6月にメジャーから1stフル・アルバム『地図』を発表した。06年2月に発売した5thシングル「カナリア ボックス」のPVでは次長課長が出演し、各方面で話題となる。メジャー・デビュー後は、1年毎にアルバムを生み出し、ライヴ・バンドとして精力的に活動し、全国各地で地道ながらファンを増殖している。

生と死・さみしさと孤独・親や異性への愛・肉親や故郷への愛など身近なテーマを真摯にとらえた歌詞の衝撃度もさることながら、独特のフレーズを持つギターやベースによるバンド・サウンドも印象的。今後、日本のロック・シーンを支えていくであろうアーティストだ。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版