> Benny Green

Benny Green

(ベニー・グリーン)

カナダではグレン・グールド賞というものがあり(グレン・グールドは有名なクラシック・ピアニスト)、そこでは受賞者が自分の後継者を指名するのが慣例になっている。93年はオスカー・ピーターソン(以下オスピー)が選ばれたが、彼が後継者に選んだのがベニー・グリーンである。どんなに超速の曲でも難なく弾きこなすテクニックと失われることのないスウィング感は、白人ながらにオスピーそのもの。その腕をかわれて、かつて60年代にオスピーと黄金のピアノ・トリオを築いたレイ・ブラウン(b)が、93年より自身のバンドに彼を招きいれた。また、本人とも『オスカー・アンド・ベニ—』(97年)で共演している。相違点としては少しグリーンのほうがFunkyで、洗練されているといったところか。アート・テイタムからオスピーへと続いてきたジャズ・ピアノのひとつの脈流は彼が引き継いでいくだろう。63年ニューヨーク州生まれ。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版