> Bob Marley and the Wailers

Bob Marley and the Wailers

(ボブ・マーリィ・アンド・ザ・ウェイラーズ)

レゲエをよく知らない人でもボブ・マーリィという名前を知らない人はいないだろう。世界にレゲエを知らしめたこのカリスマは、その生涯がそのままジャマイカン・ミュージック・ヒストリーといっても過言ではない。
そのボブ・マーリィ&ザ・ウェイラーズのキャリアはスカ時代まで遡る。ピーター・トッシュ、バニー・ウェイラーのおなじみのメンバーに加え、デビュー当時には女性コーラス2人と男性コーラス1人が参加していた。<スタジオ・ワン>から発表されたデビュー曲「シマー・ダウン」でのキレのいいヴォーカルとルード・ボーイを気取ったクールなサウンドは、たちまちジャマイカ中のチャートを席巻。アメリカンR&Bやドゥ・ワップを意識したポップ+キャッチーな彼らの曲は熱狂的に支持され、あっという間にスターダムにのし上がっていった。ちなみに、後にセルフ・カヴァーして世界的大ヒットとなった「ワン・ラブ」も初めはスカ時代にレコーディングされた曲。レゲエ・バージョンに比べテンポも速く、グルーヴィなアレンジなので聴き比べてみるのもおもしろい。
やがて<スタジオ・ワン>を離れた彼らは、自らのレーベルを起こすなど試行錯誤するも、期待した成果を挙げるには至らず、その結果選んだのが天才プロデューサー、リー”スクラッチ”ペリーとのコラボレーションだった。リー・ペリー率いる最強のリズム隊・ジ・アップセッターズを得てアルバム『キャッチ・ア・ファイア』を世に送りだし、いよいよ世界へ羽ばたくという矢先にピーター、バニーが相次いで脱退。1人残されたボブは、妻リタを含む女性コーラス”アイ・スリーズ”とともに、レゲエの新しい可能性を切り拓いていくこととなるのであった。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版