>  >  >  > Cole Porter

Cole Porter

(コール・ポーター)

アメリカの音楽文化に大きな貢献をした作詞/作曲家。膨大な数の曲をミュージカルや映画音楽に提供し、それらはスタンダード・ナンバーとしてさまざまな場面で歌い継がれている。代表曲といっても挙げるとキリがないが、「ナイト・アンド・デイ」「ビギン・ザ・ビギン」「ラヴ・フォー・セール」などは特に有名だ。作風は非常に明るく、都会的で洗練されている。それは彼の生い立ちにゆえんがあるようだ。
1891年インディアナ州の大富豪にうまれた、いわゆる“お坊ちゃま”。幼少からピアノに慣れ親しみ、作曲の才能もその時すでにみせていたという。大学もエリート校である「イェール大学」に進学。育ちがいいせいか、彼の作品からは牧歌的な古き良きアメリカ——そんな温かい風景が目に浮かんでくる。1917年からパリに移り住んで(作曲の場として最も気に入ったらしい)精力的に活躍。また、今日でも歌われているのは30年代〜40年代に作曲されたものが多い。
そしてちょっとゴシップねたにはなるが、彼には“同性愛者”だという噂もある(だが結婚はしている)。才能のある人はやっかまれるのね。はたして………真相は?

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版