> Donna Summer

Donna Summer

(ドナ・サマー)

ドナ・サマーは器用なヴォーカリストではない。いわゆる本格派ソウル・シンガー/ディーヴァの持つディープな味わいを彼女に望むべくもないが、素晴らしきバック演奏によって、その歌の魅力がキラキラと輝き始めるのである。
彼女のバックで演奏されるのは、ドイツのレーベル<CASABLANCA>専属のプロデューサー・ティーム、ジョルジオ・モルダー&ピート・ベロッテが創出する、いわゆるミュンヘン・サウンド。それは4つ打ちビートに華麗なストリングスの音色を施し、さらにはシンセやギターによるロック的な彩色を加えたディスコ・ミュージックだ。極上の相性を見せる両者(歌声とトラック)のケミストリーは「愛の誘惑」(75年)や「恋はマジック」(76年)などといった永遠のクラシック・ナンバーを生み出し、それはリリースされるやいなや、ストロボ・ライトが煌くフロアを熱狂の渦にへと陥れたのである。
米国人でありながら先にヨーロッパなどでブレイクを果たしたサマー。その後も彼女は、器用さはないまでも凛とした佇まいの歌声を武器に次々と好シングルをリリース。「マッカーサー・パーク」(78年)、「ホット・スタッフ」、「バッド・ガール」(共に79年)などはセールス的にも大成功を収め、世界的な人気を確実なものにしていったのである。
以後もクインシー・ジョーンズやハロルド・ウォータメイヤーらをプロデューサーに迎えてヒット曲を量産していくが、やはり彼女のキャリアは<CASABLANCA>時代がハイライトだと言えよう。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版