>  >  >  > チャラン・ポ・ランタンと愉快なカンカンバルカン

チャラン・ポ・ランタンと愉快なカンカンバルカン

(チャラン・ポ・ランタン・ト・ユカイナカンカンバルカン)

“小春”の哀愁アコーディオンに合わせて、“ももちゃん”が小節をきかせて歌うレトロ姉妹ユニット『チャラン・ポ・ランタン』が、魅惑のバルカン・サウンドを奏でるジプシー楽団『カンカンバルカン』と共に結成したサーカス・エンターテイメント・ショウ・バンド、チャラン・ポ・ランタンと愉快なカンカンバルカン。“小春”のマシンガンMCと弱冠17歳という若さの“ももちゃん”の妖艶な歌声はまさに驚愕。

6歳の時、世界中が賞賛する太陽のサーカス『シルク・ド・ソレイユ』のアコーディオン弾きと目が合い、アコーディオンで生きていくことを決意した“小春”。04年12月、“カンカンバルカン”の前身となるジプシー楽団“MINORITY ORCHESTRA”をアコーディオン“小春”を中心に高校吹奏楽部にて結成。06年6月に、東京都公認大道芸ライセンス『ヘブンアーティスト』第6回審査に見事合格。

08年6月には、動画投稿サイト【YouTube】をきっかけに、ロンドン『チェルシーフェスティバル』の一環で開催された、ピンクフロイド主催のイベント『Atom Heart Mother』へ参加するなど、日本国内のみならず、世界をまたに駆けて活動中だ。09年秋には“小春”が、『第3回インターナショナル・Vアコーディオン・コンテスト』日本予選で最優秀賞を受賞。日本代表としてただ1人、イタリア・ローマにて行われた世界大会に出場した。10年8月には<プラナレコーズ>より、“チャラン・ポ・ランタンと愉快なカンカンバルカン”名義で1stアルバム『ただ、それだけ。』をリリース。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版