> James Lavelle

James Lavelle

(ジェームス・ラヴェル)

とりあえず、どういう耳しとんねん! 
19歳という若さで<Mo’Wax>レーベルを立ち上げ、ヒップホップのみならず90年代クラブ・ミュージックの構図を大きく塗り替えた超人A&R、ジェームス・ラヴェル。彼は、ヒップホップ/アシッド・ジャズ/テクノ/ロックといった、かつては決して交わろうとしなかった水と油のように異なるジャンルからリミキサーを起用することで、クラブ・ミュージック・シーンにおける、中和剤的役割を見事に果たした。それは、本人のレーベルからリリースしたアーティストの名を読み上げれば一目瞭然だろう。——DJシャドウ/DJクラッシュ/Dr.オクタゴン/ラ・ファンク・モブ/マニー・マーク/ルーク・ヴァイバート/カール・クレイグetc.……と、世界各国の超大物たちが大挙して詰め掛けているのだ。——トラック・メイカーとしても中西俊夫とのユニットU.N.K.L.E.で活躍。日本の<MAJOR FORCE>をヒップホップのオリジネイターとして崇める彼は、大の親日家としても知られ、高木完、NIGOらとの親交が高じて97年に<Mo’Wax Japan>を設立した。常に新しい事を企て、音楽のみならず、アート/ファッションの分野にまで深く追求。社交性と冒険心で満ちたラヴェル指揮官の大胆な戦略からは2000年代も目が離せないのであります!

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版