> Jackie Mittoo

Jackie Mittoo

(ジャッキー・ミットゥ)

48年、キングストン生まれの粋なキーボード・プレイヤー、ジャッキー・ミットゥ。祖母に習ったというピアノ・プレイは、彼が10歳の頃には公のステージで披露されていたという。
木の香りと共に響きわたるような、ミットゥの味わい深いキーボード・プレイ——そんな彼のテクニックは伝説のスカ・バンド「ザ・スカタライツ」のサウンドに深みを与え、ひいてはジャマイカン・ミュージック自体の屋台骨となったと言える。その実力及びプレイヤーとしてのセンスは、『The Keyboard King at STUDIO ONE』という自信満々なタイトルを掲げたリーダー作で、納得していただけるだろう。
その弾けるようなハモンド・オルガンの調べは、聴く者のカラダをストレートに喜ばせてくれること間違いなし。焦げつくぐらい暑い夏の昼下がりに、テキーラでも片手にフル・ヴォリュームで聴いたら一番効果的だろう。近頃CD化も実現し、“伊達男・ミットゥ”の再評価は高まる一方のようだ。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版