> Jason Falkner

Jason Falkner

(ジェイソン・フォークナー)

ジェリーフィッシュに在籍し、ポップ・マニアから注目を集めながらも、1stアルバム『ベリーバトゥン』(90年)リリース後あっさりと脱退。94年にTHE GRAYSなるバンドを結成するが、ここでの活動も短命に終わり、ソロ・アーティストとしての道を歩みだす——。
ブレンダン・ベンソンとの交流を通し、ソングライターとして格段にスケール・アップを果たしたジェイソン・フォークナーは、96年『詠み人知らず』でシーンの第一線に復帰する。70’sパワーポップのフレイヴァーをふんだんに取り込みつつ、メランコリックなメロディ・ラインを活かした温もりあふれるナンバーを披露。ほとんどの楽器演奏を自らこなし、ワンマンでレコーディングされたにもかかわらず、聴き劣りするところがない完成度の高さは“ポップ職人”を印象づけた。
99年の『キャン・ユー・スティル・フィール?』では、プロデューサーにナイジェル・ゴールドリッチを迎え、電子音を活用するなど彩り豊かな楽曲群を作り上げたのも記憶に新しい。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版