>  >  >  > k.d. lang

k.d. lang

(ケイ・ディー・ラング)

近年、カナダ出身のアーティストがミュージック・シーンで成功を収めることは珍しくないが、アメリカのカントリー界で認められた女性アーティストはそういないはずである。k.d.ラングは、そんな砂ぼこりが舞う男臭い世界で、持ち味であるハギレの良いヴォーカルを武器に大成したアーティストだ。
しかし、レズビアンであることをカミング・アウトした彼女と、カントリーの聖地ナッシュビルの良好な関係はそう長く続かず、アダルト・コンテンポラリーのシンガー・ソングライターへと転身する。ロック/ジャズ/ロカビリー/ワールド・ミュージックなどのテイストを絶妙にブレンドした『アンジャニュウ』(92年)で、従来のイメージ/作風を払拭。メランコリックなメロディ・ラインと必要最小限の音で鳴らされるアンサンブル、そしてエモーショナルなヴォーカルは、このうえない温もりに包まれたものであった。そして、このアルバムに収録されている「コンスタント・クレヴィング」はグラミー賞に輝き、不動の評価を獲得するに至った。
その後もコンスタントに作品を発表、素朴な楽曲の数々はタイトなグルーヴ感を増したものとなってきている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版