>  >  >  > 菅原 紗由理

菅原 紗由理

(スガワラサユリ)

08年1月14日、新星発見。短期間で応募者に返事が届く「即答」スタイルが話題となった、<フォーライフミュージック>主催の『“7DAYSオーディション”&“30DAYSオーディション”』。秋田県横手市の女子高校生の透明感あふれる歌声が、新しい風を感じさせて、初の合格者としてデビューのチャンスを掴んだ菅原紗由理。

08年12月、儚くて切ない恋心をテーマにしたピュアなウィンター・ソング『Destiny』で配信デビュー。同時リリースのインディーズ限定盤は、1000枚完売。クラシックの名曲フランツ・リストの「愛の夢」をサンプリングし、FEROSのラップとのコラボレーションにより、18歳の等身大の世界を表現している。

09年4月、ピュアな菅原紗由理にインスパイアされて、新曲が誕生。今すぐ逢いたい、ありのままのキミが好き、本当の思いを伝えたい…。誰もが自分の心と重ねられる、素直な気持ちいっぱいの『キミに贈る歌』。18歳の今を永遠に印象づける一曲は、『Destiny feat. FEROS』に続き、Sinの作曲・プロデュース。誰もが歌いたくなるみずみずしい魅力が同世代の心を捉え、第3回レコチョク新人杯グランプリを獲得。

同年9月には1stシングル「あの日の約束」を発表。透明な少女の心と、背伸びした大人の気持ちの間で揺れる感覚を真っ直ぐに、今の気持ちとしてリアルに届けたこの作品は彼女の新しい季節の始まりを予感させるものであった。続く12月には、『FINAL FANTASY XIII』テーマ・ソング/挿入歌に抜擢された2ndシングル「君がいるから」をドロップ。叶えたい夢を自分の言葉で伝えたいという想い届き、未来を信じる彼女の心が次なる運命のトビラを開いたのだ。

10年1月、新しい運命のトビラを開いた菅原紗由理による待望の1stアルバム『Fist Story』をリリース。14の物語からなるリアルな等身大の想いは、透明感と力強さを増した歌声と共に次の夢に向かって歩みを始めた。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版