>  >  >  > Larry Graham

Larry Graham

(ラリー・グラハム)

チョッパー・ベースの生みの親であり、スライ&ザ・ファミリー・ストーンを経て自己のグループ、グラハム・セントラル・ステーションで活躍と、70年代ファンク史の表舞台を歩いてきたラリー・グラハム。
グラハム・セントラル・ステーションの後期にはソロ・プロジェクト的な色合いを強めていたラリーだが、80年代に入るとブラコン・ブームの波を受け、ヴォーカリストとしてソロ活動を開始する。1st『One in a Million You』(80年)では、3オクターブ半といわれる広い声域を活かし、スロウ・ナンバーを中心に勝負。表題曲、続く「When We Get Married」が連続ヒットし、バラーディアとしての成功を収めた。
しかし、よりソフト路線を押し進めた2作目以降、セールス的な惨敗が続き、ソロ・キャリアは頓挫してしまう。
なお、90年代にはプリンスのバックアップを得て、G.C.S名義でアルバム『GCS2000』を発表している。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版