> Per Gessle

Per Gessle

(パー・ゲッスル)

1982年1月27日生まれ、長野県出身。フォークソング好きの父の影響で音楽に目覚め、井上陽水をリスペクト。
2002年、マキシシングル「窓絵」でデビュー。自身の疑問や悩み葛藤等を感じたままにストレートに表現する詩と、心に染入る朴訥とした歌声。世代を超えて伝わるメッセージを持ったアーティスト。
また、ドラマ・CM等映像とのコラボレーションが多く、NHK連続テレビ小説「こころ」挿入歌、「3年B組金八先生」挿入歌、CX系ドキュメンタリー「離島にかけるDr.コトーたち」エンディングテーマ、資生堂企業CMソング「新しい私になって」、京王グループ企業CMソング「時の列車」、映画「バッテリー」主題歌、NHK土曜ドラマ「病院のチカラ〜星空ホスピタル〜」主題歌、CX系ドラマ「奇跡の動物園2007〜旭山動物園物語」エンディングテーマなど、数々の映像作品の主題歌やテーマ曲に起用されている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版