>  >  >  > Level 42

Level 42

(レヴェル・フォーティーツー)

ジャズやファンクのテイストを上質なポップ・メロディにブレンドさせた音づくりを誇るレヴェル42。マーク・キング(b&vo)を中心に80年に結成された。
スタンリー・クラークに多大な影響を受けた彼らは、インストゥルメンタル曲を中心に演奏していたが、商業的成功をねらい、ヴォーカルを積極的に楽曲へ取り入れるようになった。そして<Elite Record>よりデビュー曲「Love Meeting Love」をリリース。その後、<Polydor>と契約を結び、マイク・ヴァーノンをプロデューサーに迎えた1stアルバム『Level 42(日本盤では『Urban Fascination』)』(81年)を発表。ファンクとソウル・ミュージックの要素をミックスしたナンバーが揃ったこのアルバムは、UKチャート・トップ20入りした。特に注目されたのがキングのベース・テクニックで、彼の師匠であるスタンリー・クラークもその腕前を賞賛するほどであった。
84年、初のトップ10入りシングルとなる「The Sun Goes Down(Living It Up)」をリリース。また、ポップ色をさらに押し進めたアルバム『World Machine』(85年)で、人気、質ともに頂点に——。その後も85〜87年の間、「Something About You」「Leaving Me Now」「Running In The Family」「It’s Over」などのシングル・ヒットを輩出している。
87年の終わりにはメンバー・チェンジが行われ、キングとリンダップ(key)以外のメンバーは脱退。その後も活動を続けたが、90年代に入ってからは以前のような勢いをなくし、94年に解散した。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版