>  >  >  > Marilyn Monroe

Marilyn Monroe

(マリリン・モンロー)

26年6月1日、ロサンゼルス生まれ。本名ノーマ・ジーン・モーテンソン(後に洗礼を受け、ノーマ・ジーン・ベイカーと改名)。ハリウッドを代表するコメディアンヌとして、また50年代のセックス・シンボルとして不動の地位を確立した彼女は、同時に歌手としての才能にも溢れていた。
初めてその歌声を披露したのは、ミュージカル映画『レディース・オブ・ザ・コーラス』(48年)にて。レスター・リーとアラン・ロバーツのナンバー「Every Baby Needs A Da-Da-Daddy」であった。続いて、『紳士は金髪がお好き』(53年)では、「Diamonds Are A Girl’s Best Friends」、ジェーン・ラッセルとデュエットした「Two Little Girls From Little Rock」「Bye Bye, Baby」、ホーギー・カーミッチェルとハロルド・アダムソンのナンバー「When Loves Goes Wrong」を。ロバート・ミッチャムと共演した54年の作品『帰らざる河』では、その劇中で、酒場の歌手に扮し歌った「I’m Gonna File My Claim」がヒット。同年に公開されたミュージカル映画『ショウほど素敵な商売はない』からは、ドナルド・オコナーとのデュエット「A Man Chases A Girl(Until She Catches Him)」「After You Get What You Want You Don’t Want It」「Lazy」「You’d Be Surprised」などが有名であろう。
ゴールデン・グローブ賞を受賞した彼女の代表作『お熱いのがお好き』(59年)においては、「I’m Through With Love」「I Wanna Be Loved By You」「Running Wild」がフィーチャーされている。また、コール・ポーター作曲の魅惑的なヴァージョン「My Heart Belongs To Daddy」をイヴ・モンタン、フランキーボーンとデュエット曲で——これは、『恋をしましょう』(60年)の中で聴くことができる。この映画からは他にも、「Specialization」「Incurably Romantic」、タイトル曲の「Let’s Make Love」といったヒットが生まれる。
そして彼女が最後にその歌声を披露したのは、62年の5月、マディソン・スクエア・ガーデンで行われたJ.F.ケネディの誕生日を祝う式典でのこと。「Happy Birthday Mr.President」と「Thanks For The Memory」を歌った。——その約2ヶ月後の8月5日、睡眠薬過剰摂取による急性バルビツール中毒で他界(死因についての真相は、他殺説を含め未だに謎のままである)。葬儀では、ジュディ・ガーランドの「虹の彼方に」が演奏された。彼女の死を悼んで作られた曲に、エルトン・ジョンの「キャンドル・イン・ザ・ウインド」などがある。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版