>  >  >  > Mike and the Mechanics

Mike and the Mechanics

(マイク・アンド・ザ・メカニックス)

ジェネシスの活動休止状態(当時のヴォーカル、フィル・コリンズがソロ活動に専念していたため)時に、そのベーシスト、マイク・ラザフォード(50年10月2日、イギリス生まれ)が85年に結成したのがマイク&ザ・メカニックスだ。メンバーは、ポール・ キャラック (元Ace/vo&key)、 ポール・ヤング(元Sad Cafe/vo)、ピーター・ヴァン・ホーク(dr)、エイドリアン・リー(key)。ヴァン・ホークは当初よりセッション・ミュージシャンとして活躍しており、ヴァン・モリソンからロッド・アージェントまで、幅広いジャンルのアーティストのツアー/レコーディングに参加していた人物である。
85年にリリースされた1stアルバム『Mike+the Mechanics』に収録されている、映画『On Dangerous Ground』のテーマ曲「Silent Running(On Dangerous Ground)」で初のUKトップ30入り。また、同曲はUSヒット・チャートの6位にまで昇り、続いてリリースされた「All I Need Is A Miracle」もチャート5位にまでつけた。89年前半、ラザフォードとB.A.ロバートソンが作曲した「The Living Years」が、USでNo.1、UKでもNo.2となるヒットを記録。これは、若い頃のラザフォードと父親との確執、そして和解することなくこの世を去った父への後悔の念が綴られた感動的な一曲である。
以降も実力あるシンガー・ソングライターならではの高クオリティなアルバムを輩出——オリジナル曲以外にもミラクルズの「You Really Got A Hold On Me」、スティーヴィー・ワンダーの「I Believe(When I Fall In Love It Will Be Forever)」といったカヴァー・アレンジでも認められている。
バンドは現在も活動中で、99年にアルバム『Mike+the Mechanics[1999]』を発表。しかし、00年7月のポール・ヤングの死がメンバーに大きな打撃を与えたことは間違いない。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版