>  >  >  > Nikolai Rimsky-Korsakov

Nikolai Rimsky-Korsakov

(ニコライ・リムスキー・コルサコフ)

ロシア五人組の一人に数えられるリムスキー=コルサコフは、1844年貴族の家に生まれた。12歳でペテルブルクの海軍兵学校に入学したが、そこで音楽に出会い、59年からピアノを学び始めた。61年からはバラキレフに就いて作曲も学び、65年には第1交響曲がバラキレフの指揮で初演され、作曲家としてのデビューを飾った。
また海軍大尉の軍籍を持ちながらも、ペテルブルク音楽院の教授も務め、教育者としての評価も高い。彼の3大傑作「スペイン奇想曲」、交響組曲「シェエラザード」、序曲「ロシアの復活祭」は、ロシアの管弦楽法の極地に立つといわれ、「輝かしい響きを獲得した」と作曲者自身も語っている。それ以降の作品はワーグナーの影響を受け、巨大管弦楽やライトモティーフの手法が随所に見られる。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版