> Pete Rock and C.L. Smooth

Pete Rock and C.L. Smooth

(ピート・ロック・アンド・シー・エル・スムース)

ニューヨークはマウント・ヴァーノンを根城にするピート・ロック&C.L.スムースは、90年代前半のラップ・シーンにおいて、誰よりも気持ちいい楽曲群を披露してきたデュオである。ジャズの影響を色濃く残すそのスムーズなプロダクションは他に類を見ず、また、さまざまなテーマを取り上げるその歌詞も非常にスマート&クレヴァーなもの。
デビュー作『オール・ソウルド・アウト』(91年)からして、ピート・ロック&C.L.スムースは、すでに肩の力を抜いた独自のサウンド・スタイルを完成させている。その翌年には文句なしの名盤『メッカ・アンド・ザ・ソウル・ブラザー』をリリース。サウンド全体をプロデュースするピート・ロックのトラック制作スキルはただモノじゃない。味わい深いフックや、ヤバすぎるほどファンキーなサンプリング・ビートは、まさにピート・ロックならではのものだろう。一方、C.L.スムースのラップは、とっても粘っこい声質のもので、一見無頓着にも聴こえるフロウには力強さと柔和さが絶妙に共存し、アルバム全体をキリッとサクッと引き締めている。秀逸曲だらけのそのアルバム『メッカ〜』のなかでも、サックスのサンプリングをバックに“家族”という主題についてラップする極プライヴェートなシングル「ゼイ・レミニセンス・オーヴァー・ユー」は、彼らの代表作となった。しかし、3rdアルバムをリリースした94年、彼らは突如解散を発表。その後、プロデューサーとして優れた手腕を買われたピート・ロックは、ナズ/ラン・D.M.C./ラキムといった第一級のアーティストたちにヒット曲を提供。だけでなく、05年までに着実にソロ・アルバムのリリースを重ね、“リヴィング・レジェンド”たる称号を自らの手中に収めている。また、05年現在、ピート・ロック&C.L.スムースはリユニオン・アルバムの制作を視野に入れているらしい。その片鱗は、ピート・ロックの04年作『ソウル・サヴァイヴァーII』収録のリユニオン曲「イッツ・ア・ラヴ・シンク」と「アプレシエイト」に見ることができる。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版