> John Butler Trio

John Butler Trio

(ジョン・バトラー・トリオ)

白人ドレッドのジョン・バトラー(vo、g)率いる3人組ジャム・バンド、ジョン・バトラー・トリオ。地元オーストラリアで3枚のオリジナル・アルバムとライヴ・アルバムをリリースしており、中でも04年3月リリースの3rdアルバム『サンライズ・オーヴァー・シー』はオーストラリア国内だけでも40万枚を超える大ヒットを記録。同年6月にEP「ホワット・ユー・ウォント」で全米デビュー、05年3月にはアルバム『サンライズ・オーヴァー・シー』でワールド・ワイド・デビューを果たしている。ブルース/レゲエ/カントリー/フォーク/ファンク、そしてヒップホップなどあらゆる要素をブレンドした、土臭くスピリチュアルなオーガニック・サウンドは、ジャック・ジョンソンやベン・ハーパー好きにもアピールする、スロー・ライフ・ミュージックの新定番と言えよう。
そんな彼らの初来日公演は『FUJI ROCK FESTIVAL ’05』でのステージ。絡みつくようなベースとタイトなドラム、そしてジョン・バトラーによる11弦アコースティック・ギターの枯れた響きと骨太ヴォーカルが織り成す最高のグルーヴにフジロッカーたちはその身を預けた。
07年には、マリオ・カルダートJr.を共同プロデューサーに迎え、キャリア4枚目となるアルバム『グランド・ナショナル』をリリース。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版