>  >  >  > Robert Earl Keen, Jr.

Robert Earl Keen, Jr.

(ロバート・アール・キーン・ジュニア)

ロバート・アール・キーン・ジュニアがライル・ラヴェットとライヴをはじめたのは、なんと家の前のポーチだった。ランニング姿でプレイしては向かいの教会へ来る人たちの度肝を抜いたりしていたのだ。ライル・ラヴェットは、ロバート・アール・キーン・ジュニアの曲でレコーディングもしている。フォーク+カントリー+ロックというとっつきやすいサウンドは、よい作曲のお手本みたいなもの。クリス・クリストファーソンのようにロスト・ラヴをじっくり語り、これがまた泣かせるのだ。味わいのあるカントリー風味、心地よいアメリカのノスタルジックな国民的ナンバーで、一度聴いたらその後1日中耳から離れない、というやつである。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版