>  >  >  > Sabres of Paradise

Sabres of Paradise

(セイバーズ・オブ・パラダイス)

耳に剣が突き刺さったハゲオヤジのロゴ・マーク、懐かしいですよねぇ。——そのレーベル<Sabresonic>を運営していたイギリス・テクノ界イチの不良オヤジ、アンディ・ウェザオール。彼が率いていたユニットがセイバース・オブ・パラダイスだ。
1stアルバム『Sabresonic』(93年)で、70’sパンクとエイドリアン・シャーウッド率いる<ON-U>のダブからの影響を色濃く反映した陰鬱なエレクトロニック・サウンドを構築。それは、享楽的なトランス・シーンに鋭く深く切り込み、アシッドが支配していたテクノ界に対して猛然と反旗を翻した。2ndの『Haunted Dancehall』(94年)で、サウンドは一層深みを増し、より多くの信者を獲得。これをきっかけに、”トリップ・ホップ”のにわかブームが巻き起こった。そして、このまま快進撃を続け、一躍ポップ・スターの仲間入りを果たすのかと思いきや、突如解散を宣言し、地下へ潜伏……。現在ウェザオールは、キース・テニスウッドとのユニット、トゥー・ローン・ソーズメンで活動を続けている。——深い闇に包まれた音響探索は更に奥地へ……。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版