>  >  >  > Mylo

Mylo

(マイロ)

メランコリックで爽快でレトロ&ノスタルジックでパンクなエレクトロニカ・ミュージック……というとなんだかゴッタ煮音楽のようだが、その雑食的なハウス・ミュージックこそが、このスコットランドが誇る奇才プロデューサー、マイロの特色である。もちろん“アンチ・ロック”な姿勢も彼の特徴以外のなんでもないわけだが。
でもって、そのサウンドが分かりやすく例えられているのでここに明記すると、「ロイクソップ+ダフトパンクを独自にヴァージョン・アップさせた風情」。誰が言ったか知らないが、かなり言い得ている。確かにヴォコーダー・ヴォイス&シンセ・ラインはダフパン的で、メロディアス&ポップなブレイクビーツはロイクソップのそれを想起させるものだ。ともあれ、彼が発表した『デストロイ・ロック&ロール』(04年)という希代の傑作アルバムを聴いて欲しい。その日本盤『ロックンロールを破壊せよ』は05年6月にリリースされる。
そういえば、マイロという名前を聞いて「え? ワイルド・バンチの?」と答えたのは筆者だが、DJマイロとはまったくの別人なのでご注意を。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版