>  >  >  > TAICHI MASTERの情報

TAICHI MASTERの情報

(タイチ・マスター)

中学校の同級生のMCU、DJ TATSUTAとともにRADIKAL FREAKSというラップ・グループを結成したTAICHI MASTERは、20歳を前にしてソロ・アーティストに転向。DJ TA-1としてDJプレイやトラック作り、執筆活動、DYNAMITEというイヴェントのオーガナイズなどの多岐に渡る活動を精力的にこなしながら、同時に<adjustment>というレーベルを組織した。このレーベルから、前述のRADIKAL FREAKSのデビュー・シングル(97年)やBy Phar The Dopest(KREVA&CUEZERO)のアルバム(98年)、LITTLEのミニ・アルバム(98年)、KICK THE CAN CREWのデビュー・シングル(98年)などを立て続けにリリース。00年には<adjustment>の運営理念をさらに推し進めたようなレーベル<adjust audio>を勃興し、アルファをデビューさせた(トラックはTAICHI MASTER自身の手によるもの)。この頃から名前もTA-1からTAICHI MASTERに。
そして、ここに彼の輝かしいデビュー・アルバム『DISCO*NNECTION』が完成したわけである。
その内容は、誰もが好感を持てるようなキラキラ・ポップなディスコ・チューンが中心。ハウス、エレクトロ、ヒップホップのサウンド・エッセンスを巧みに抽出し、そこに独自のスパイスをふんだんに抽入したような作風だ。このムラがなくエレガントで豊潤なグルーヴは小手先の技術ではなく、長年のキャリアと才能に裏打ちされたTAICHI MASTERの確かなトラック制作手腕があったからこそ、紡ぐことができたものだろう。また、その参加者も(ディスコ+コネクションというタイトルだけあって)自身が普段から親しく接している人を選んでいる。面白い組み合わせもワンサカだ。
この一級のサウンド・クリエイターの作品は必ず聴くものの心に迫るはず。一度手に取ることをオススメしよう。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版