>  >  >  > 松平健

松平健

(マツダイラケン)

「殿、すわご乱心か!?」と日本国中に衝撃が走った「マツケンサンバ」は、04年の音楽界のエポック・メイキングであった。
国民的人気俳優、永遠の若様・松平健は78年に『吉宗評判記 暴れん坊将軍』に主演して以来、03年までこのシリーズを続けてきた。シリーズと平行して上演されてきた彼の舞台公演のフィナーレで必ず歌われているのがこの『マツケンサンバ』である。極彩色の着物を着た踊り子数十人が乱舞する舞台に、黄金の着流しと黄金の足袋であらわれ「オーレ!」とばかりにサンバを踊る健さまの姿は、寡黙で冷静な暴れん坊将軍のイメージしか知らない日本国民にものすごい衝撃を与えるものだった。はにかみながらも(?)楽しそうに歌って踊る健さまに、こちらもついつい楽しくなってしまう。日本の伝統的な和風レビューの究極と言えるだろう。もともと番組の挿入歌として「夜明け」「やじろべえ」など演歌調の歌を歌ってきただけに、歌唱力には定評がある。今後も、舞台で盛り上がる楽曲を次々と披露してくれるに違いない。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版