>  >  >  > Themba Mkhize

Themba Mkhize

(テンバ・ムキーゼ)

南アフリカで人気のキーボード奏者/ヴォーカリストのテンバ・ムキーゼ。アパルトヘイト崩壊以降、ますます国際的な認知が高まっている南ア出身アーティストの1人である。長年、南アのシーンでBayethe、Sakhileなどといった人気グループのメンバーとして活躍していたが、99年に『テイルズ・フロム・ザ・サウス』でソロ・デビュー。01年には2ndアルバム『ロスト&ファウンド』を発表した。
彼のサウンドはジャズやワールド・ミュージックという狭いジャンルに限定される類のものではなく、真の意味で境界線をクロスオーヴァーしている新しい形のフュージョン・ミュージックに他ならない。南ア出身者ならではの高いメッセージ性が、洗練されたジャズのイディオムと心に響くアフリカン・ミュージックの輝きを身にまとって、聴き手に語りかけてくる。包容力のある豊かなリズム感覚と、独特の温もりに満ちたハーモニー感覚は、中途半端にアフリカン・ビートを取り込んだそこらのジャズ・アルバムよりはるかに聴き応え有り。また、アレンジ・プロデュースを含めた総合的なサウンド・プロデューサーとしての手腕も見事だ。
日本の歌手、加藤登紀子が南アで行ったレコーディングにも参加、01年にはツアーで来日も果たしている。(近藤 陽)

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版