>  >  >  > 河原泰則

河原泰則

(カワハラヤスノリ)

日本を代表するコントラバス奏者。深い響き、余韻、うるおいに満ちた音……。音から音へのつながりが滑らかで、美しい流れがどんな場面でも生まれていく。「彼ほどこの楽器に深い感情を込めて歌う心と技をもつ人は他にはいない」「世界一のコントラバス」と評され、ソロ楽器としてはまだ知名度の低い、このコントラバスという楽器の素晴しさと魅力を、世界中に広めることのできる希有の存在である。
一橋大学および桐朋学園大学音楽学部に学んだ後、ベルリン音楽大学にて研鑽を積み、首席で卒業。78年のジュネーヴ国際音楽コンクールで第2位(1位該当なし)入賞し、80年よりケルン放送交響楽団首席コントラバス奏者に就任した。オーケストラでの活動のほか、ソリストとしてもケルン放送交響楽団、スイス・ロマンド管弦楽団、シュトゥットガルト室内管弦楽団などと共演。また室内楽にも熱意を注ぎ、エッシェンバッハ、ムストネン、パユ、アルバンベルク四重奏団とも共演している。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版