> Brandis Quartett Berlin

Brandis Quartett Berlin

(ブランディス・ゲンガクシジュウソウダン)

有数の歴史と名声を誇るブランディス弦楽四重奏団。LP時代からお馴染みのこのカルテットは、カラヤン時代のベルリン・フィルを支えた豪華な顔ぶれが揃っている。 また、カール・ライスター(クラリネット)、カールハインツ・ツェラー(フルート)といったカラヤン時代のベルリン・フィル首席奏者も度々参加。そこで繰り広げられる魅惑のアンサンブルは、「まさに夢心地とも言いたい洗練の極み、絶妙のピアニッシモの美しさは言語に尽くし難い」とまで評される。贅沢極まりない。
ブランディスQは、1976年ベルリン・フィルのメンバー4名により創設。以来ザルツブルク、ウィーン、エディンバラといった著名音楽祭出演や、EMI、ドイツ・グラモフォンなどへの数々の録音を、不動のメンバーで続けている。ベルリン・フィルの室内楽団中、老舗的存在。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版