> Berliner Barock Solisten

Berliner Barock Solisten

(ベルリン・バロック・ゾリステン)

最高のオーケストラから最高のメンバーが集まった、夢のバロック・アンサンブル。バロック音楽の権威としても知られる元ベルリン・フィル第1コンサートマスター、クスマウルが率いる超豪華メンバー。オリジナル楽器全盛の風潮に一石を投じ、モダン楽器ならではの音色とダイナミックな表現で、バロック音楽に新鮮な息吹を与えている。その演奏はバロックに食傷気味の聴衆をアッと言わせ、日本でも大反響を呼んでいる。
95年に、17・18世紀音楽の最高レベルの演奏を聴かせるという目的で結成。意図して現代楽器を使用し、バロックと現代の「合成」をアピールしている。発足当初から、バロックの権威であるクスマウルを筆頭に、ゾンネ(ヴァイオリン)、クリスト(ヴィオラ)、ファウスト(チェロ)、シュトール(コントラバス)といった、ソロ/アンサンブル活動でも著名なベルリン・フィルの各弦楽器パートのソロ(首席)奏者が並び、以下全員が正団員で構成されている。コンサート・ツアーは、アメリカ、ドイツ、日本など各国で行われており、CDもヴィヴァルディ「四季」、ミカラ・ペトリ(リコーダー)とのバッハ、テレマン集と次々にリリースしている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版