> Stephen Taylor

Stephen Taylor

()

Stephen Taylorの鋭く、不協和的で、躍動する音楽は常に進化を遂げている。それは、周りの世界に意義を見い出すための真剣な探求のなせる業のようにも感じられる。胎児の心音やオーディオ・テープ、デジタル・キーボード、さまざまな打楽器を使って作り出される、高度にコンセプチュアルな音楽。また一方では宇宙にも目を向け、カール・セーガンの著作にインスピレーションを受けた、木管楽器とシンセサイザーを使った作品も輩出。それは潮の満ち干のように進行し、まるで今にもサウンドが爆発して無数の細かい破片になってしまうのではと思うほど強烈で、星の誕生に伴うカオスを連想させる。彼の作品の一部はもっと簡素でリズムに焦点を当てており、激しいビートがテープと弦楽器をリードしている。後者のサウンドはどこかしらピーター・ガブリエルの『Passion』や、リゲティの作品の中でも抒情的なものを彷彿とさせる。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版