>  >  >  > 三原順子

三原順子

(ミハラジュンコ)

今でこそアニマル梯団のコアラの妻におさまり、柔和な笑顔を浮かべる三原順子だが、80年代の彼女は常に常に「しかと顔」のつっぱりアイドルとして君臨していた。
79年、国民的人気ドラマ『3年B組金八先生』の不良生徒役でブレイク。得意の決めゼリフ「顔はヤバいよ。ボディやんな! ボディ!」。——80年にはつっぱり歌謡王道の「セクシーナイト」で歌手デビューも果たし、「ド・ラ・ム」「真っすぐララバイ」「サニーサイド・コネクション」などでポテン・ヒッツを記録。どの作品も吐き捨てるような図太い歌唱が特徴だ。
以降、女優/タレントとして芸能活動をキープしつつ、レース・ドライヴァーや芸能人女子腕相撲などで暗躍。 デビュー当時は「ポスト・山口百恵」として、松田聖子の対抗馬と目されていたが、現在はニコニコ顔の「夫婦タレント」としてすっかり落ち着いたようだ。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版