>  >  >  > Mis-Teeq

Mis-Teeq

(ミスティーク)

母国UKのダンス・スクールやオーディションで出会ったサブリナ、アリーシャ、スー・エリースの3人は、すぐさま意気投合しミスティークを結成。UKガラージとR&Bを巧みにミックスした特有のポップ・ミュージックで、UKを中心に絶大な人気を博していく。
そんなミスティークは、時に「デスチャに対するUKからの返答」とも表される。なるほど、メンバー各々の節まわしやコーラス・ワークからは似たような芳香を嗅ぎ取ることができる。しかし“UKガラージ/2ステップ”という特色がその背中に張りついている分、“パンチ”や“アツさ”という意味では彼女たちの方が上か。また、それらの小気味よいサウンド群は実にクオリティが高く、クラブ・プレイにも重宝できるものだろう。
その後UKやヨーロッパのみならず、日本、そしてUSでもヒットしたミスティーク。だが、惜しまれつつも05年に解散してしまう。——しかし、彼女たちの魅力は、アルバム『リッキン・オン・ボース・サイド』(01年)と『アイ・キャンディー』(03年)にギュッと詰め込まれている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版